スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホネボーンズとわたし

どうもこんばんわ【くらと】でございます。
Soul Familia Vol.6は、ライブについてお話したいと思います。
昨日7月19日にパンセホールの方でライブをさせて頂きました。

まず思ったのが原点回帰。
皆が新鮮な気持ちでライブに取り組めたことが今回のライブの成功に繋がったと思います。
前日シンノスケから「ブルーハーツ聴いてみ。」ってメールが来て。
ブルーハーツなんて青くて恥ずかしいな。
最近じゃブルーズも聴くし、ジャズにボッサにラテン系、オールディーズなんかを聴いたり、
とブルーハーツを聴いてた頃とは、全然変わったし、
ブルーハーツも過去の産物。的な所も正直あった。
でも、いざ聴いてみると、今のホネボーンズのよくも悪くも真っ直ぐ過ぎる所とか、姿勢がすごく勇気を与えてくれて、
「こなす」ようになっていってたライブが、
緊張と興奮で入り混じったいいライブに変わった。

技術的な面で言えば不足はある。
というか不足要素しかない。

ホネボーンズのライブを見た後に、
「よかったよ!!」
「カッコいいね!!」
「サイコー!!」
って言って自分達の所に歩み寄ってくれる、
それは最高に嬉しいし、
ホネボーンズは間違ってないんだ。
って思う。

だがしかし、そこでよく言われるのが、
「ベースやって1年ちょっと??うまいね!!」
全然です。
慰めてほしいとか、そんなこと言ってほしいから書いてるんじゃなくて、
本当に事実としてそうなんです。
オルタネイトピッキングも出来ませんし。
小指も使えませんし。
フレット移動もブレブレで安定せんし。

例えばShudder's Rockをスウィング横ノリで弾けば
ホネボーンズとしてもっといいライブが出来るかもしれないのに、
自分には出来ない。
本当に努力が必要と思いました。
これから少し基礎のみをします。
明日には出来てる。とは言いません、
1年ちょっとのクセはなかなかすぐに直るとは思いませんが
このままでいけば確実にホネボーンズを脱退することになると思います。
「壁」ではなく「行き止まり」になる前に
根気よく練習します。
絶対に克服します。
技巧派ベーシストになるつもりはありませんが、
必要最低限のことも出来ない俺に未来はないと思います。

チェンジ!!
Yes We Can !!!!!!!



090719_1648~01
スポンサーサイト

ドラクエ9

スタジオ終わりですが、
息つく暇も無く大学の課題に取り組んでおります。
どうも、【くらと】でございます。

経済

経済だなんてそんなのロックじゃねーなー…。
まぁ、世の中の動きを読むのも世渡りの一つ。と無理矢理バンドにつなげて頑張っております。

さてさて、アレだけ騒がれていたドラゴンクエスト9は超駄作だそうですね。
ガングロ妖精に、チューチュートレインをパロッた技まであるという醜態。
世の中エグザイルエグザイルですね。
エグザイルもブルーズバンドをすれば世の女の子達はライトニン・ホプキンスやアイク・ターナーの良さがわかってくれるんでしょうか。
聞きたいなぁ…ギャルが「ウチ、チャックベリーってサンレコードと思ってたんやけど、ずっとチェス所属してんねんなー!!」「えー!!そんなんも知らんかったん??ウチはサンはどっちかって言うとカントリーよりな感じがするからな!!チャック様はどっちかっていうとブルーズ寄りじゃない??」ってさ。街中で言ってたら、それはもうホネボーンズ一同狂喜乱舞狂い咲きですよ!!

さてさて、本当に本腰入れて課題に取り組まないとならないので、
今日はこの辺にさせてもらいます。
では!!また!!


PS:BBSに書き込みをくれている方々、本当にありがとうございます。
返信したいのですが、BBSが悪いのか、私の端末が悪いのか、携帯からもPCからも
返事をお返しすることが出来ません。
どうか、怒って見捨てないでください!!笑

ウルフルズ

ウルフルズが活動休止だそうだ。

ウルフルズといえば「ガッツだぜ!!」だとか「大阪ストラット」だとか「それが答えだ!」
なんて誰もが知ってる曲ぐらいしか知らなかったけど、
高校1年の時だったか、それぐらいにたまたま家に置いてあったから聴いたアルバムの
「Let's Go」「すっとばす」が未だに忘れられない。
なんてカッコイイんだ!!!
その頃ブルーハーツやガガガSP,GOING STEADYなんかが音楽のすべてだった自分には
全然違った音楽の顔を知った。

その頃音楽なんてのは何の知識も無く、ただ直感で聴いていた。
ある意味コレが一番理想的な聴き方なのかな。

もちろんその頃は「ロックって意味」なんてわからないままに、
ルーツも知らないままに音楽を聴いていた。
ブルーズなんてもってのほか。

心で感じる音楽を探し求めていたんだけど、
自分は文字を読むのが嫌いだからなかなかいい音楽に巡り合う事が出来なかった。

そんな自分が高2の頃に出会ったのがローリングストーンズで。
これも同じ様にビビビッと来る『何か』を感じた。
その頃はミックもキースも知らなかったし、
ただの外国人のおっちゃんがやってるロックバンドなんだ。と思ってたけど、
とにかくストーンズを聴いて小便をちびっちゃう様な興奮を覚えた。
同じ時期にレミオロメンやらゴーイングアンダーグラウンドなんか聴いてたのかな。
もうそんなやつ等とは全然違うものを感じた。
うわぁ…コレが音楽だよな~。って、馬鹿ながら思った。

で、高3の時もローリングストーンズにドンはまりで、
金が無いながらも色んなアルバムを買いあさった。
Let It Bleed に some girl 、Black and Blue 、Exile On Main Street
アルバムを買うたびに衝撃が走った。
でもステレオから流れるストーンズは知ってても未だにどんなおじさん達かは知らんかった。
で、どんなおじさんか教えてくれるのが、
何を隠そうホネボーンズのギターボーカルのシンノスケだった。
まぁ、出会うまでの経路としては色々やっかい事があったんだけど。笑
それはまた後ほど。

俺はシンノスケがストーンズを知ってる事に衝撃を受けた。
「なんでお前がストーンズ知ってんねん!!」て感じ。
でもシンノスケはレコードとか持ってるマニアックっぷりだった。
ブライアンジョーンズはキースと仲悪い。だとか
キースリチャーズは無茶者。だとか
ミックとキースの出会い。まで教えてくれる強者だった。
そんなシンノスケが俺に「ストーンズ好きならコレ聴きなよ、このオヤジピアノ燃やしたりするんだぜ。」
って教えてくれたのが、『Jerry Lee Lewis』だった。
それを家に帰ってステレオで流した瞬間電撃が走った。
大げさ抜きで電撃が走った。「ギャアアアアアアアアアアア」って家で一人で叫んだもん。
そっから自分はロックンロールに夢中になった。
ブルーズもソウルもR&Bもスカも今思えば全部シンノスケに教えてもらったなあ…。
なんて、ウルフルズの話からだいぶ脱線したけど、
とにかくシンノスケに教えてもらった『Jerry Lee Lewis』のおかげでホネボーンズでベースをすることが出来てるんだなぁ…。と思うと。
シンノスケとThe Killerに感謝。

話は戻ってウルフルズですが、
やっぱり文字が嫌いな自分はウルフルズの音楽は知ってても、
どんな人なのかなんてのも全然知らんかったけど、
活動休止ってことを知ってブログやらインタビューなんかを覗いてみたら。

人間くさい、かざりっけの無い、ただのロック好きなおじさんでびっくりした。
これってスッゲーカッコイイ事だと思った。

辛い時は辛いっていうし、
驚いたらビックリするし、
ガンダム好きやし、
車に乗りながら歌ったり、
酒を飲みながらギターを弾いて一人で笑ったりするそうだ。

等身大の泥臭いおっさんが垣間見れた。
コレは大切なこと、人の心をつかむバンドマンとして大切なことだと思った。
アイドルじゃないし、嘘ばっかり歌ってお涙頂戴ってやるようなアーティストじゃないんだから、
無理して背伸びしてカッコつけてる事こそ、カッコイイんだよな。

なんかまとまらんし、書き続けれそうだから、
この辺にしときます。
【くらと】

七夕さん

はい、どうもこんばんわ!!
ベース担当の【くらと】でございます。
やってきましたSoul Familia Vol.3

突然なんですが、
こう…なんていうか愛称、というかニックネームって大事だと思いませんか。
例えばアヒルが歩いている姿とディズニーのドナルドダックをもじって、つけられた、
ドナルドダック・ダンだったり、
日本人で言うと…パッと思い浮かびませんが、
ジョンBチョッパーだとか、
そういえばウルフルズは全員ニックネームなんだね。

まあそんな感じでキャッチーなミドルネームを募集中!!
というか、ここに人が来ているのかどうかわかりませんがね。

なんだそんな感じです。

さてさて、次回のライブですが、7月19日(日)
場所はまたまた平野出戸パンセホール!!
パンセホールにはホントお世話になっていますね。
次も頑張ろう!!

そうそう!!次回のライブは新曲をやろうと思っています。
いやあ…、さすがシンノスケの作ってくる曲にハズレは無い!!
マジです。
こうなんていうか演奏してる自分がグッくるような。
出来たら2曲の新曲を引っさげてライブに挑むと思うんですが、
その2曲が真逆で今までとはまた違ったホネボーンズの表情というものが見れると思います。
是非お楽しみに!!
一番楽しみにしているのがメンバーという、なんとも素晴らしいバンドでございます。


ところで話は変わって日にちは変わっちまいましたが、
七夕でしたね。
みなさんはどんな願い事を書きましたか??
先週のパンセホールでのライブは七夕イベントということで、
願い事を短冊にささげてつるさせていただいたんですが、
私くらとは「キャワイイ彼女がほしい。」
大統領シンノスケは「長谷川潤とワイキキでウキウキの夏希望、めっちゃホリデイ。」
英国紳士こうちゃんは「栗山千明が迷って、家まで送ってあげて、友達からお付き合いをはじめたい。」
ボーントロンニモは「愛想のいい女の子と友達になりたい。」
マンモステリーテルは欠席だったんで「バナナがいっぱい食べたい。」とか多分そんなんです。

トップを目指す者として志はいつも高く!!
ということですね。
頑張ろう!!




そんな頑張ってるホネボーンズを応援してやってください。
チケット代はもちろん無料!!
新曲を引っさげやってきたホネボーンズを見に行こう!!

=2009  7/19[SUN]=
=平野PANSEE HALL=

OPEN 16:00/START 16:30

nu‐z
mocchii
がらん
HONE BONES
宮地 晶
Grows to Grow
Yamu Vi

エヴァンゲリオン

どうもどうもこんばんわー!!ベースとコーラスを担当させてもらってます新治蔵人。
通称【くらと】でございます。
Soul Familia開設してVol.2の更新なんですが。
ブログっつのは一体どんな感じで更新したらいいんかわかりませんが。
ある時は真剣に、ある時はバンドであったおもしろエピソードや、
またある時は個人の趣味やオススメのモノを紹介、など。
まあそういった趣旨ですすめていくと思いますんで、(そうなのかどうかはわからんけど。)
是非チェックの方よろしくお願いします!!
ってなことでですね。

ちょっと話は脱線して、
7月4日(土)にですね。
ライブのほうが急遽決まりまして、平野出戸パンセホールにてライブをやらせてもらうことになりました。
チケット代はもちろん無料!!
是非、都合が合えば遊びに来てくださいね~!!

話は変わりますが、昨日テレビを見ていて、
エヴァンゲリオンのアスカのコスプレをしている桜の稲垣早希ちゃんが
コスプレをしないで出てました。
いやぁ…彼女は実にカワイイですね!!
エヴァンゲリオンは再ブーム、新劇場版で脂がのってきてますから、
これからも頑張って欲しいですねー!!

っていうか、こんなんでいいんかな??
俺のキャラを明確にする為にも必要な要素??
バンドと全く関係ないこと書いてみんなに怒られへんかな??
ちょっと心配ですが、
Vol.2はそんな感じでお開きにしまーす!!

またの訪問お待ちしとりまーす。

【くらと】
プロフィール

ホネボーンズカンパニー

Author:ホネボーンズカンパニー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。